ミゲル フアニ

本場スペイン国際パエリアコンテストチャンピオン パコ・ロドリゲス氏の味が日本初上陸!

スペイン料理&ワイン パエリア専門店「Miguel Y Juani(ミゲル フアニ)」

CHEF introductionパコ氏について

飾り

2014年スエカ国際パエリアコンテスト1位、同年バレンシア・ガンディアの国際フィデウアコンテスト2位など、
2007年よりスペイン国内の数々のコンテストで受賞しています。

Record of AWARDSパコ・ロドリゲス氏の受賞歴

2007年 バレンシア・モレージュのトリュフフリースタイルクッキングコンテスト 2位
2011年 ・バレンシア・ラ・アルクディアのパーシモン(柿)コンテスト 2位
・バレンシア・ラ・アルクディアのバレンシア風プチェロコンテスト 3位
2012年 ・バレンシア・ラ・アルクディアのパーシモン(柿)コンテスト 2位
・バレンシア・ラ・アルクディアのバレンシア風プチェロコンテスト 2位
2013年 ・バレンシア・ラ・アルクディアのパーシモン(柿)コンテスト 1位
・バレンシア・リリアのスイスチャード・スープライスコンテスト 1位
2014年 ・スエカ国際パエリアコンテスト1位
・バレンシア・ガンディアの国際フィデウアコンテスト 2位
・バレンシア・ルチェンテのバレンシアデザートコンテスト 3位
・バレンシア・ベテラのパーシモン(柿)コンテスト 3位
2015年 バレンシア・ベテラのアロス・デル・セニョレットコンテスト 2位

スエカ国際パエリアコンテスト賞状とパコ・ロドリゲス氏

パコ氏とスエカ国際パエリアコンテスト賞状

※スエカ国際パエリアコンテストとは

毎年9月にスペインのスエカで行われる国際パエリアコンテストは、2015年で55周年を迎える歴史の長いコンテストです。
このパエリア世界大会では、スペイン中からはもとより、ヨーロッパから大勢のシェフが参加しています。
近年ではアメリカ、オーストラリア、中国、日本などで行われる予選大会で勝ち残ったレストランも参加している、世界で一番大きく、長い歴史のある、パエリアの世界大 会です。味やお米の炊き具合はもちろんのこと、焦げ部分の状態やパエリアパン上の具材のバランスまで細かい審査基準のもと総合的に判断されています。
その審査も、審査員はガストロノミー協会や関連の要人を中心に、日本の領事、有名シェフやバルセロナの領事などが参加するなど、権威もあり、非常に大きなイベントと してスペインでも認知されています。

SHOP INFORMATION店舗情報

新宿タカシマヤ タイムズスクエア店

ミゲル フアニ 横浜店

ページトップへ